プエラリアの効果を知りたいなら|女性の味方

女性

症状を緩和するために

漢方

不調を感じたら無理せずに

更年期とは、女性が閉経を迎える前後、約10年ほどの間におきる、さまざまな症状のことを指します。平均して50歳前後に閉経を迎える女性が多く、45歳から55歳くらいを更年期と呼びます。更年期は個人差がとても激しく、閉経を迎える前後になんら自覚症状がない人もいれば、頭痛や憂鬱など、心身ともに症状が激しく現れ、ひどくなると自殺まで考えてしまう人もいるほどです。一般的に更年期の症状は、急に全身に汗をかいたり、体が熱くなるホットフラッシュと呼ばれる症状です。多汗・のぼせの症状も多く、めまいやふらつき・頭痛・動機・頻尿などの症状が現れます。特にホットフラッシュと多汗は、自分でコントロールすることができず、いきなり出てくるため悩む女性が多くいます。

我慢しないで受診しよう

これらの症状は、心身の不調は感じますが日常生活に支障がなければ、市販薬や漢方薬などでやりすごすこともできます。しかし、更年期障害になると、症状がとてもひどく、日常生活が普通に送れなくなるほど悪化する場合があります。こうなると病院を受診し、しかるべき検査や治療を行う必要があります。更年期には漢方薬が効果があるとされ、処方されることも多いものです。症状により処方される漢方薬にも違いがあります。いらいらや、のぼせ・肩こりなどには加味逍遥散が有名です。他に、田七人参・高麗人参などの成分の漢方薬が、女性ホルモンの分泌を助けるなど、効果があるとされています。これらに含まれているサポニンは、女性ホルモンの分泌を促進し、ホルモンバランスを整える作用があります。